風俗にモデラー (模型)

  • 投稿者 : おねしょ
  • 2012年12月27日 11:09 AM

とっさに風俗店の幹部は、ずらりと並ぶ窓の列に光を向けた。何かが、あるいは誰かが、腐った木の板を破ろうとしているのか。ばりばりと板が割れたのに続いて、ガラスの砕ける音がした。角の向こうだ。風俗店の幹部は駆け出したが、雪のせいで思うように走れない。懐中電灯は消した。手が識錐をつかんで引た。音は続いている。心臓の鼓動がすさまじく速い。静かになった。何も見えない。どっさりhttp://real-f.net/からの風俗店の幹部はゆっくりと角へ近づいた。声を出すべきか?彼は息を凝らした。その次の瞬間、拳銃を突き出しながら角の向こう側へ飛び出した。誰もいない。懐中電灯をつけてみた。雪の上に木とガラスが散乱している。空けられた穴はせいぜい三十センチ四方だ。そのとき、どこかでどさっと雪が落ちた。懐中電灯の光が、林の中へ逃げ込む影をとらえたI小さな黒い影と一緒に、一瞬オレンジ色が員尋えた。っ張った一度、二度、三度ーそれからやっと思い出してホルスターの留め金をはずしデリヘル店長は細心の注意を払いながら地面を見て歩いた。雪の積もっていないところはないか、最近掘られた穴はないか。デリヘルホストがいなくなったのは、雪が降ったあとだった。http://real-f.net/ なんてもしここへ連れてこられたのなら、積もった雪が乱されているはずだ。地下道があるといっても、入墓石の一つにのっている黒い天使をデリヘル店長は見上げた。雨風にさらされたせいで表面がところどころ剥げ、白い傷になっている。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。